自宅をスッキリさせよう

行政と業者の違い

不用品を処分できるのは、行政か業者です。
どちらに依頼するべきなのか、悩む人がいるでしょう。
悩んだらお互いの特徴を比較するのが良い方法です。
行政に依頼した場合は、回収場所に持って行く作業があります。
回収場所を調べなければいけませんし、重い不用品を持って行くのは面倒ですよね。
それに比べて業者は、連絡すれば自宅まで来てくれるという面が大きな特徴です。

運ぶ手間を省けるので、面倒な作業が嫌な人は業者を利用してください。
事前にどのような不用品を処分したいのか具体的に伝えると、ふさわしいトラックの大きさや数を判断してくれます。
事前にどれだけの処分量があるのかを業者にしっかり伝えておくと、見合った積載量の車両を用意してくれます。

体力や力のない人でも大丈夫

不用品をトラックに詰め込む作業を、全て業者のスタッフが担当してくれます。
自分は特にやることがないので、黙って見守っているだけで大丈夫です。
行政に任せた際は、自分で回収場所に持って行きます。
しかし体力がない人は、持って行けないと思います。
特に女性や高齢者は力が弱い人が多いので、行政に依頼しない方が良いです。
無理に自分で不用品を運搬すると、身体を痛めてしまいます。

作業の邪魔をしないよう、大人しく見守っていてください。
力がないのに手伝おうとすると、むしろ邪魔になる可能性が高いです。
スタッフは体力や力に自信がある人ばかりですし、作業に慣れています。
すぐに運搬作業を終えてくれるので、安心して任せてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る